総合保険ディーラー サンドー保険企画
法人・個人事業主のお客様
個人のお客様へのフォローも心をこめていたします。
ご加入のご検討にあたり、留意点を主要保険種類ごとに簡単に記載致しました。詳細につきましては弊社までご一報いただきましたら営業担当よりご説明致します。
なお、このホームページのご案内は商品の特徴を説明したものです。詳しくは次の商品パンフレットをご覧ください。損害保険では三井住友海上社の“くるまの保険”、“すまいの保険”、“ケガの保険”を、また生命保険では三井住友海上あいおい生命の“新医療保険Aプラス”、“新ガン保険α”、“個人年金保険”、“終身保険”、“養老保険”、“定期保険”、“収入保障保険”、“こども保険”。
損害保険 生命保険
 
                     
 
■自動車保険

自動車保険は同じお車でも主として運転される方の免許証の色や年齢、そして車の用途により保険料が異なります。
たまに実家に来るご子息のために保険を有効にしておくため、運転者限定や年齢条件を調整されているお客さんがいらっしゃいますが、1日単位で加入可能な自動車保険もあります。
■火災保険

火災保険はリスクやニーズに合わせ条件を選択できます。小さなお子様がいらっしゃるご家庭では家財の破損などの補償も検討対象になるかもしれません。
水災(洪水)リスクについては札幌市など自治体で洪水マップを作成しておりますので加入の検討にあたり参考にされることをお勧めいたします。また、同じく札幌市では、液状化のリスクの高い地域を示した地震防災マップを作成しております。
賃貸にお住まいの方は借家人賠償責任補償を火災保険とともにご検討ください。
■傷害保険

ケガによる死亡・後遺障害、入院、通院に備えます。
■医療保険

がんを含む病気やけがで入院されたときに補償されます。入院給付の他、手術内容に応じ補償される手術一時金、入院後の通院の補償、更に先進医療を受けた時の補償などがあります。
病気やけがによる1回の入院期間に限度日数を60日、180日等と設定しますが日数が長くなるほど保険料はアップします。
■がん保険

がんと診断されたときに支払われるがん診断一時金や上皮内がんが補償されるもの、放射線治療を入院せず通院だけで治療しても保障されるものなど商品により異なります。前述の医療保険の比較では病気ががんのみのため、保険料は総じて低く設計されております。
■個人年金保険

公的年金の上乗せとして自助努力で老後に備えるに適した商品です。財形年金へのご加入が可能であれば先ずご検討ください。
■終身保険

死亡補償を終身で補償する保険です。貯蓄機能も備えた商品です。
■養老保険

終身保険と異なり保険期間を設定する保険です。終身保険とともに貯蓄機能を備えた商品です。
■定期保険

期間を定めて加入することから定期保険と呼ばれる死亡補償を主体とした保険です。
■収入保障保険

遺族の毎月の生活費を一定期間保障することを目的としております。遺族年金やご遺族の収入、将来の出費などを考慮して月々の保険金額を設定いたします。定期保険より低廉な保険料で生活に必要な保障額の設計ができます。
■こども保険

大切なお子様の将来のための貯蓄機能を有した保険です。教育資金から医療保障にも備えられます。
 
 

2013 Sando hoken co.,LTD